はじまりさえ歌えてなかったから。

「はじまりさえ歌えてなかったから。」嗚呼、まるで言い訳がましい滑り出し。SLOPの植田です。久々の更新です。年始、久々に連絡いただいた方から「ファンもいるねんから、ブログ更新せんとねw」と。そんなこと言われてしまったら、更新せざるを得ないです。

更新が途絶えていた2年半、何もなかったわけではないですが、書くことができなかったんですね。お客様にあれだけコンテンツSEOを推奨しておきながら、実際自分はそのような取り組みで集客していないことに不甲斐なさを感じていました。「自分はWEBで集客するよりも、手の届く範囲でお手伝いしたいと思う方だけに泥臭くやりたい」とか、「自分のことは後回し」とか、書かない理由を並べていました。ただ、これから自分が目標に向けて取る行動に、「その態度で人はついてきてくれるか?」と自問すると、ついてきてくれないなあ。やっぱり、やって見せて言って聞かせて、励ましていかないと。と思うようになりました。

デザイナーという肩書きが目標の足かせに。

SLOP植田の目標は、「お客さんも僕も、もっとクリエイティブになることで、お客さんの利益を最大化すること」です。そうなると、参加型のアウトプットになるので、優れたクリエイティブをつくるとか、そのための予算とか、クオリティを追求する予算が、どうしてもおざなりになってしまう。これまでは自分の出来る範囲でやっちゃうとたかがしれていたり。もっと外部のブレーンのみなさまを巻き込みたいと思いつつ予算がない。そんな仕事ができないことに不満を感じていました。でも、いいんですよ。僕は広告代理店時代と同じような仕事はできないから。お客さんとあれこれ考えてひねり出して、悩みもがく時間が、お客さんにとって、とても大切なことだったんです。そこに重要性をおいたら、最適解を導き出すデザイナーとしての役割は手放そうと決意できました。あ、いまはスタートアップもしくはスタートして間もない経営者をメインに仕事をしています。

ミッションが背中を押してくれた。

告白すると、更新が途絶えた2年半は、自分が何屋さんなのか、わからなくなっていました。ロゴやパンフレットもつくるし、映像も自分で編集したり、ウェブ解析士の資格を取って分析も本腰いれはじめたり。セミナーなんか始めたり。もしかしたら、今でもはっきりと◯◯屋さんと言いにくいかもしれない。暫定で、「つくってしゃべる焚き付け型ウェブ解析屋さん」としておきます苦笑

昨年の3月にミッションを完成させて、最初は浮ついた感じでしたが、じわじわ、書き記したような行動が取れるようになってきました。つまり、ミッションに支えられて、行動指針にブレが出なくなってきた。ミッションをもとに、これからセミナーを定期的に実践してみようとまで思えるようになりました。これは大きな変化です。ミッション作成に関わってくれたHさん、本当にありがとうございました。

僕はコンテンツSEOのつもりでなくblogを更新していきます。

さらに告白すると、コンテンツSEOを意識しすぎて更新できないでいましたw ほんと、うまくやろうとしないことですねw うまくやろうとして、はじまりさえ歌えない自分がいました。お客さんに言ってたことがそっくりそのまま自分にも言えることなんですよね。おぼつかないことは受け入れて、ただただやるのみ。やっていううちにうまくなる。あまり意識せずに近況や取り上げたい事柄を更新していこうと思います。

そうだ、先日おこなったプレセミナーの報告も近々にアップします!